コラム

2024.05.14

2024 春からの金沢 浅の川園遊会館の取組をご紹介

◆ 2024 春からの金沢 浅の川園遊会館の取組をご紹介

北陸学院大学様からご依頼を受け、当館でキャリア教育の授業の一部を行わせて頂けることになりました。

当館理念のひとつ、地域貢献での「人づくり」の取組をご理解いただき、ご協力、ご依頼くださり、

次世代の学生・若者たちとつなげてくださった、北陸学院大学 葦名先生に感謝申し上げます。

 

学生のみなさんの様子をご紹介

4月に入り、連日、北陸学院大学の学生さんが当館にいらっしゃって、浅野川界隈の伝統芸能や伝統文化に触れて頂いています。

 

まちづくりや町家建築、歴史への関心から沢山質問してくださる方や、当館のエコツーリズムの取組「職人の技に触れる体験」を実際に体験される方など、意欲的に各々の関心の種を探して頂いています。

 

金沢 浅の川園遊会の位置づけ

これまでも、金沢 浅の川園遊会では、次世代育成におもきを置き、たくさんの大学と大小さまざまな連携を行って参りました。教育の場。社員育成の場として協力させて頂いた実績があります。

◆常設施設 金沢浅の川園遊会館

まちづくりの常設施設として2年前に開館した当館でも、その志で、多くの学生・若者の地域の次世代育成の場になるよう、設備含め、力を入れております。

 

 

◆今後の成果報告のスケジュール

 

カミングスーン

 

北陸学院大学公式HPより抜粋

 

北陸学院大学では、社会を知り、自分を知り、企業が求める人材を育成するために、キャリア教育として「MIP」というプログラムをす。「MIP」は「MIP1~3」のカリキュラムがありますが、大学入学直後に展開されるカリキュラムが「MIP1」となります。「MIP1」では、地元企業や自治体の担当者を招聘し業界や当該組織の抱える課題を担当者と共有して、学生がその解決策を提案・発表します。

 

キャリア教育「MIP」(Mission Innovation Project)

キャリア教育「MIP」(Mission Innovation Project)